薬用ホワイトニングリフトケアジェルの使用感想

ホワイトニングリフトケアジェルは、2013年2月10日発行の「新薬と臨床」に掲載されたほど、評価を得てる美白オールインワンジェルです。

「新薬と臨床」は、日本で最初の薬物療法の専門誌として 1952年(昭和 27年)に創刊されました。

医学・薬学に関する基礎から臨床まで様々な研究論文を幅広く掲載しています。


そんな薬用ホワイトニングリフトケアジェルの使用感想をご紹介いたします。


25歳からはケアが必要!

「お肌の曲がり角」と言われますが、「なるほど!」と思いました。

急にシミができやすくなるんですね。

ホワイトリフトケアジェルは、普段使っている美容液と使い方は変わらないのに、効果は全然違う!!


コンシーラーいらずの美肌をGET!

使い始めて3年になるのですが、特に元CA仲間から

「どうしたらそんなにシミができないの?」

といつも聞かれます。

仕事柄、毎日バッチリメイクするので、30歳を超えてからはシミに悩んでいました。

今では、ファンデーションを薄くできるほど目立なくなりました。


60過ぎても肌はよみがえる!

いくらファンデーションを厚塗りしても、“年齢相応”にしか見られなくなりました。

娘からの誕生日プレゼントでもらい、試しに1週間使ってみてビックリ!!

毎日3分間のマッサージで、肌に「潤い」が戻り、「シワ」と「たるみ」も少しずつ改善されてきたんです。


パッとしない、これまでの美白からは卒業しませんか。

30歳を超えると、肌力が大きく変化します。

30歳を超えると、こんなことを感じませんか?


・若い頃はすぐに消えた日焼け跡が、冬になっても消えないことがある

・ニキビ跡が消えにくくなった

・蚊に刺された跡が消えにくくなった

・ぶつけてできたアザがなかなか消えない

・くすみがとれない


もし、こうしたことを感じているなら、『肌力』が低下してる状態です。

ホワイトニングリフトケアジェルを使って、『肌力』を良い方向へと導きましょう。


肌力とは……

1.シミの原因になるメラニン(老廃物)を作らない力

2.できてしまったメラニンを肌の外に押し出す力


20代であれば、メラニンを作らない力とメラニンを肌の外に押し出す力両方が強いので、美白ケアは肌の表面に塗るだけでも効果があります。

でも、30歳を過ぎると、両方の力が衰退して、シミが目立ち始めます。

いつまでも若々しいハリのある綺麗なお肌でいるためには、肌力を高めることが大切になります。

それともう1つ大切なことが、ホワイトニングリフトケアジェルを使って毎日ケアを続けることにあります。

たっぷりホワイトニングリフトケアジェルを塗り、やさしく美白マッサージ。

そうすれば、角質層までの深層保湿ができますよ!

メビウス製薬【ホワイトニングリフトケアジェル】20%OFFはコチラへ


ホワイトニングリフトケアジェル20%OFFはコチラです♪のトップページへ